学生がカードローン契約したときに忘れてはならないことは?

学生は、学生ローンだけでなく、大手消費者金融のカードローンも契約が可能です。
しかし、学生がカードローンを利用する場合、卒業後には直ぐに勤務先や住所の変更届が重要です。時間が開いたときに手続きすればいいと先送りすることで、ルーズな契約者と判断されるリスクがあります。
すぐさま契約自体に影響はないものの、取引規約に反する行為となってしまい、契約更新や増額時の審査に影響するリスクが生じてしまいます。

特に学生の頃より、社会人となった時の方が返済能力は高くなります。ですが、ちょっとした不注意で増額出来ないというデメリットを受けないようにすることをおすすめします。
また、より金利の低い銀行カードローンを契約する際、過去に利用していた消費者金融が保証委託先となるケースもあるため、影響範囲は広がってしまいます。