返済遅延が多い人は要注意!3ヶ月経過しなくても延滞になることも!

個人信用情報においては、返済の遅延が3ヶ月以上になると延滞すなわち事故情報となります。
そのため、3ヶ月以内であれば安心と考えてしまいますが、過去に延滞となった場合や遅延が頻繁に起こる方は、即延滞情報となる可能性があります。
個人信用情報機関の目的は、多重債務防止ということがあります。

遅延を繰り返す場合、既に家計が破綻し多重債務の可能性があると見なすことも可能です。延滞情報とすることで、新たな借り入れを防止して借金が増やさないための対策です。
厳しい貸金業者では、1日でも滞納情報とすることもあります。そのため、一度返済遅延となった方は、連続して発生させないこと、その後1年間はより注意を払って利用するなど、返済管理が重要です。
場合によっては、クレジットカードの利用にも影響が出てしまい、生活全体でのデメリットに繋がります。