どうしてもカードローンやクレジットカードに落ちてしまう場合

現在カードローンに申し込んだだけで、CIC・JICC・全国銀行個人信用情報センターのいずれかの指定信用情報機関に登録されてしまいます。

これは貸金業法という法律で規定されているだけに必ず行われます。

登録される項目は申し込み者の属性や契約内容、返済内容の情報、取引内容の情報などです。

これらの情報は、例えば申し込んだ金融機関がCICに加入していても、他の2つの信用情報機関もその情報をチェックできます。

何度カードローンやクレジットカードに申し込んでも審査に落ちてしまう人は、自分の個人情報を確認することができます。

各信用情報機関に窓口・郵送・ネットのいずれかの方法(有料)で情報を開示してもらえます。

その中で異動という項目に記入があれば過去に延滞などがあった証となります。

この異動情報はそれが解消されてから5年間有効となるので、5年経過したらカードローンに申し込めることが分かるのです。